スペシャル SPECIAL
2018.08.22
神戸あさひ役 花守ゆみりさん、三星太陽役 花江夏樹さん、飛騨しょうこ役 洲崎綾さんインタビュー

サムネイル

── 『ハッピーシュガーライフ』への参加が決まった時の感想と、ご自身が演じるキャラクターについてどんな印象を持たれたかを教えてください。

花守 : 私は高校時代から原作を読ませていただいていたので、アニメ化されると聞いて驚きました。動くさとうちゃんを見られるのは本当に嬉しく思いましたし、それに関われるなんて役得だなあと。さとうちゃんの「まっすぐな愛」や激しい言動をアニメで見せちゃっていいの!?という気持ちも、少しだけありましたけど(笑)。
私が演じる神戸あさひは、さとうちゃんとしおちゃんが送る「ハッピーシュガーライフ」とは真反対の、言ってみれば「アンハッピービターライフ」を送る男の子。さとうちゃんやしおちゃんとは対比されるキャラクターだという印象です。

花江 : 僕は原作を知らなかったので、オーディションを受けるにあたり三星太陽が登場するシーンを原作でとりあえず読んだんです。それで、こいつ気持ち悪い奴だなあと……。

洲崎 : ちょっと、言葉選んで!(笑)

花江 : とにかく変態というか、色物枠みたいな感じのキャラクターという印象でした。ただ、オーディションに受かってから原作を1巻から全部読んでみたら、太陽だけじゃなくて登場人物全員が変な人だった(笑)。タイトルやかわいらしい女の子ふたりのビジュアルからは、こういう内容だと予想していなかったので、ヤバい作品に参加することになってしまったなと思いました。
それはさておき、演じる人によって全然違うものに仕上がる作品だなと感じたので、役が決まってすごく嬉しかったです。原作もとてもおもしろくて、読み始めたら止まらなくなる。いい作品に出させていただいて光栄です。

── しょうこだけは「全員が変な人」からは除外されるキャラクターですね。

洲崎 : そうですね(笑)。私もオーディションではじめて原作を読ませていただいたんですけど、これは結構大変な作品だなと。原作をいただいてからオーディション当日まで1、2日しかなかったんですが、他の「変な人」と違って、比較的気持ちをたどりやすいしょうこ役でよかったです。もしさとう役だったら、1日や2日じゃとても気持ちを作れません。

── ご自身の担当キャラクターを演じるにあたり、心がけていることはありますか?

花守 : あさひは可哀想な存在なんですけど、それでいて健気さがにじみ出るように心がけています。彼はけっこう匙加減が難しいんです。年齢が低いのか高いのかわからないところがあるし、視聴者の母性をくすぐる一方で、いじめてやりたいと思わせる存在でもある。だから、幸せになりたくて壁を乗り越えようと頑張ってはいるけど、視聴者に「この子、報われなさそう……」と思われるように演じようと。
それと、あさひは生い立ちのこともあって、大人というものを信用していません。私の想像ですが、あさひはきっと人と話す時に目を合わせない。でも、いざ誰かに視線を向ければ、その人が貫かれるほど鋭い。他人とは心の距離が遠くてボソボソしゃべるけど、いざ言葉を届けなきゃいけない時はちゃんと届く。そういった他人との絶妙な距離の取り方を意識するようにしています。

場面写真

花江 : 太陽は一見して気持ち悪いキャラクターですが、そうなってしまったのは、バイト先の女店長から受けた仕打ちのせい。それがあってのしおちゃんに対する愛情です。だから、彼の気持ちの過程を考えながら演じればよいので、実はそんなに大変な役作りではありません。気持ち悪い一辺倒のキャラクターではないんですよ。
ただ、アフレコ時のディレクションではどうしても「もっと気持ち悪く!」「もっと大袈裟に!」って言われてしまいます(笑)。太陽の気持ち悪さを強く印象づけたいアニメ的な演出意図もわかるので、ここは難しいところですね。しかし、太陽にあれだけのトラウマを植え付ける女店長って相当なテクニシャンですよ(笑)。

場面写真

洲崎 : 私、原作の第1巻を読んだ時、しょうこはさとうのことが好きなんだと思っていて、そっちの線もあるのかなあと期待してたんですけど、普通の女の子でした(笑)。ただ、ぱっと見明るいキャラだし、ギャグっぽいシーンも担当しますけど、いわゆる「アニメっぽいキャラ」にはしたくなくて。セリフ自体ははっちゃけてるけど、生っぽいおしゃべりをちゃんとしているので、視聴者の方に「こういう子、リアルにいそうだな」と思ってもらえたらいいですね。

場面写真

── 花澤香菜さん演じるさとう、久野美咲さん演じるしおというキャラクターやふたりの演技は、どう見ていますか?

花守 : ふたりの関係性は見ていて癒やされますね。久野さん演じるしおちゃんは、あどけなくて明るくて、まったく闇を感じさせない。そして香菜さん演じるさとうちゃんが、いろいろと暗いこともあるのに、しおちゃんにだけは癒やされて愛を実感してる。私にも、しおちゃんみたいな癒しの存在がいたらなあって思ってしまいます。
香菜さんの演技はすごいんですよ。さとうちゃんは部屋を出た瞬間にしおちゃんを守るモードになって、そのためならなんでもしますけど、そこで切り替えがあるにもかかわらず、香菜さんは切り替えを感じさせないお芝居をされる。「表情は変わるのに、根本は変わらない」というか。
さとうちゃんの行動は常識からかけ離れているけど、愛がまっすぐだから、見てるほうとしては不思議と納得させられちゃう。そういう意味では、ふたりに癒やされる一方で、恐ろしいとも感じます。

場面写真

花江 : さとうちゃんは普段はかわいい女の子なのに、しおちゃんを守るために行動する際は淡々としゃべっていて、そのギャップがすごく怖い。そして「それが当たり前でしょ」みたいな顔して花澤さんがお芝居されているのは、いい意味でヤバいなあって感じでぞっとします(笑)。
花澤さんと久野ちゃんのアフレコを後ろから見ていると、本当に花澤さんは久野ちゃんのことが大好きなんだなというのが見て取れます。大好きオーラが出てるんですよ。よっぽど役に入り込んでるんでしょうね。

場面写真

洲崎 : 私、まだキャスティングが決まる前、すべてのキャラクターのなかでさとうちゃんが一番「声感(こえかん)」の想像がつかなかったんですよ。原作では、さとうちゃんの感情が全然理解できなかったので、一体どんな声の人が、どんなお芝居でさとうを演じるんだろうって。
ところが香菜ちゃんのお芝居を見たら、本当にさとうちゃんがいる!って思えたんです。これは不思議な感覚なんですけど、こういうふうに香菜ちゃんがさとうちゃんの気持ちをお芝居に乗せて、キャラクターが生きているってことは、もしかしたら『ハッピーシュガーライフ』みたいな世界も現実にありうるんじゃないかと。実はさとうちゃんの行動は変でも異常でもないのかもしれない……という気がして。だから私、アフレコが終わっても、毎回なかなか気持ちが抜けきらないんですよ。
香菜ちゃんのお芝居を見て思ったのは、「一歩間違えたら踏み外しちゃうかも」みたいな人間の危うさは、たぶん誰もが持っているんだということ。だから私も含めて、演じる側は本当にそういう気持ちになって演じなきゃいけないですし、中でも香菜ちゃんは一番しんどいだろうなって思いました。

場面写真